成城石井自家製のにら饅頭のこだわりについて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル中




はじめに

皆様こんにちは!kerochanです!

更新が遅くなってしまいました・・・。

今回は前回の記事でご紹介した、にら饅頭のこだわりについて書いていきます!

成城石井自家製のにら饅頭のこだわり

では早速、にら饅頭のこだわりについてです。

とにかく饅頭皮にぎっしりどっしりと具が詰まっています!

具の食べ応えを引き立たせる為にも、饅頭皮は薄めに仕上げてありますね。

前回の記事にも書きましたが、ぷりっぷりのむきえびがにらを差し置いて使用されています。

がぶりと食べた時のぷりぷり感には驚きますよ!!

そして何よりこだわっているのは・・・

化学調味料を使用せず、素材でうまみを引き出していることです!!

これは以前ご紹介した国産豚のジューシー焼売と同じですね。

成城石井が本当に力を注いでこだわっている所です。

豚脂肪、胡麻油、長葱、帆立、生姜、玉葱、椎茸などがあのうまみを生み出しています。

美味しさの秘密

料理のコクやうまみには基本があります。

にら饅頭に使用されている食材を当てはめながら挙げていきますね。

甘みを加える。(玉葱)

脂質を加える。(豚脂肪)

お出汁を加える。(椎茸)

食感を加える。(筍)

様々な味を混ぜる。(もう全部ですね!!笑)

にら饅頭はこれらが満たされているのです。(焦がしたり燻すのも基本の一つですが割愛します。)

具のお肉は鶏肉が使用されていますが、豚脂肪を加えることによりジューシー感が出ます!

胡麻油と長葱の香ばしさと香りもしっかり前に出ていますね。

椎茸と帆立の強いうまみも特徴的です。

kerochan的に驚きなのが、にんにくを使用していないのにしっかりうまみがあって美味しいことなのです!

中華の点心って、餡にはやっぱりにんにくがた~っぷりですよね。

凄く美味しいけどニオイがやっぱり気になります。にらよりもね。笑

成城石井のにら饅頭にはにんにくの代わりに生姜が使用されています。

にらと生姜って相性良いですよね!

割愛した焦がす項目についてですが、これは前回の記事でもご紹介したように焼き目をつける事によって満たされます。

なので、焼き目をつける事で更に美味しさが増幅するのですよ!

おわりに

いかがでしたか?

にら饅頭はkerochan一押しの商品なので、若干熱量高めでご紹介しました!笑

こんが〜り焼き目のついたにら饅頭の画像を見ているだけで、お腹ぐーぐーです。笑

本当に美味しいので、皆様是非召し上がってみて下さいね!!

それでは皆様、ごきげんよう〜!

スポンサーリンク
レクタングル中