成城石井の筍と有機大豆がんも広田産わかめ炊き合わせを食べてみた!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル中




成城石井の筍と有機大豆がんも広田産わかめ炊き合わせとは・・・。

皆様こんにちは!kerochanです!

お惣菜のご紹介が大体中華の点心だということに今更気付きましたので(遅すぎですね。笑)、と、いうことで!今回は和風のお惣菜についてご紹介していきますよ〜!

成城石井のがんもの炊き合わせは、和風のお惣菜の中でも代表的なものです。

本当に美味しいのですよ〜!

成城石井の筍と有機大豆がんも広田産わかめ炊き合わせを食べた感想

とにかく・・・

お出汁がじゅわ〜っとしていてたまらない!!

一口目はkerochanの好物でもある高野豆腐から頂きました。

甘めのお出汁がしみしみでじゅわ〜。最高です。思わずほころんでしまいました。笑

キメが細やかな高野豆腐なので、少し軋む様な食感が良いです。

がんもも同じくじゅわ〜です!

はじめはどっしり系のがんもかと思っていましたが、ふわふわでした!

ひじきや人参も入っているので満足感がありましたよ。

筍、人参もしっかり染み込んでいました!

筍はしゃきしゃきとした歯応えがあり、人参は柔らか過ぎず、ちょうど良く歯応えが残っています。

とろっとした広田産のわかめも良い仕事をしています。

鰹節は、もう少し多くても良いかな?と思いましたが、これくらいの量で丁度良いのかもしれないですね。

成城石井のお野菜が入っているお惣菜は、具材ひとつひとつが大きめでごろごろしているものが多いですから、満足感がかなりありますよ〜!

は〜、美味しかった〜!!笑

リピート決定です。(実はすでに今回で4回目くらいです。笑)

成城石井の筍と有機大豆がんも広田産わかめ炊き合わせの食品表示

筍、がんもどき、(豆腐、人参、昆布、その他)、人参、和風調味料、砂糖、醤油、みりん、高野豆腐、わかめ、鰹節、あごだし、酒、昆布エキス、酵母エキス、凝固剤、膨張剤、炭酸K、加工澱粉(原材料の一部にやまいも、さば、小麦を含む)

あごだしも使用されているのですね!

味に深みが出ていたことに納得です。

成城石井の筍と有機大豆がんも広田産わかめ炊き合わせのこだわり

お惣菜の炊き合わせや煮物って、大味だったり味が濃すぎることもよくありますよね。

一度にたくさんの量を一気に作るのですから、仕方ないです。

ですが!!そこは成城石井でございます!

商品名の通り炊き合わせですから、それぞれの食材を別々に炊いて最後に盛り合わせております。

食材も、有機大豆がんもや広田産わかめなどこだわりが感じられます。

味付けは薄味ですが、お出汁に鰹、昆布、あごだしというコンボで深みを生み出しています。

薄味でお出汁を効かせ、ひとつひとつの食材に対して手間を惜しまず、じっくりと時間をかけて仕上げているのです。

だからこそ、’’スーパーマーケットのお惣菜’’を超えた美味しいお惣菜が作れるのですね。

おわりに

いかがでしたか?

有機大豆がんも広田産わかめ炊き合わせについて、少しでも皆様にお伝えできていたら幸いでございます。

このお惣菜はロングセラー商品でもあります。

皆様も、一度召し上がってみて下さい!

美味しさはもちろん、詰まったこだわりがきっとお分かり頂けるでしょう。

それでは皆様、ごきげんよう〜!!

P. S.

せっかく具材ごろごろだったのに、ひとつひとつ撮るのをすっかり忘れて食べてしまいました。

気付いたのはこの記事を書き始めてからです・・・。

次からは忘れません!!笑

スポンサーリンク
レクタングル中