成城石井の有機エクストラバージンオリーブオイルのこだわりについて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル中




成城石井の有機エクストラバージンオリーブオイルとは・・・。

こんにちは!kerochanです!

前回の記事でもお伝えした通り、今回は成城石井の有機エクストラバージンオリーブオイルのこだわりについてご紹介していきますよ〜!

まだスペイン産とイタリア産は購入したことがないのですが、追い追いレビューしていこうと考えておりますので宜しくお願い致します!

成城石井の有機エクストラバージンオリーブオイルの種類

成城石井では現在、前回ご紹介したギリシャのクレタ島産コロネイキ種のオイル以外にもう二種類有機エクストラバージンオリーブオイルがあります。

他の二種類は未購入なので説明するのもおこがましいですが・・・苦笑

まずはスペインのアンダルシア産オヒブランカ種のみを使用したオイルです。

こちらは微かな辛味と胡椒のようなスパイシーさがあり、後味はローストしたナッツを彷彿とさせる後味が特徴とされています。

個性的な風味なので、普段使いよりも料理のアクセントに使用するのがベストでしょうね!

次にイタリアのカラブリア産カロレア種のみを使用したオイルです。

オリーブオイルといえばイタリア!という印象がかなりありますよね〜。

こちらはクセがないので辛味や苦味も少なく、りんごを彷彿とさせるようなフルーティーさがあります。透明感がある感じです。

他の二種類と比較すると、主張しすぎず非常にバランスの取れたオイルだと思います。

あっさりとした料理にぴったりですね!

kerochan的にはスペイン産オイルが気になります。

ナッツの様な後味があるオリーブオイルって使ったことがないので。

サラダなどに一回しかけるだけで料理がぐっと美味しくなりそうですから、ギリシャ産オイルが無くなったら買います!!

成城石井の有機エクストラバージンオリーブオイルのこだわり

オリーブオイルは輸入品のシェアが大半を占めています。

ボトリングされたものを輸入するので、どうしても中身が漏れたり、蓋が空転するなどの輸送中のトラブルがつきものです。

そこで!!

成城石井では’’日本の高度な技術でボトリングを行えばリスクが最小限に抑えることができるのではないか?’’という発想からオリジナルのオリーブオイル商品の開発を計画したのだそうです。

成城石井ならではの調達力がここで発揮されますよ〜。

それからボトリングされていない原料の状態で輸入するに至ったのです。ちなみにこれをバルク輸入と言います。

他にも原料調達や輸送にかかるコストの削減などの努力も惜しんでおりません。

だから、より良い物を価格を抑えて提供できるのですね!!

また、成城石井では今回のオリーブオイルだけでなく蜂蜜やチョコレートなどもバルク輸入しているのですよ〜。

おわりに

いかがでしたか?

成城石井のオリーブオイルのこだわりについて少しでもお分かり頂けたでしょうか?

他のオリーブオイルも随時レビューしていこうと思いますので、宜しくお願い致しますね。

それでは皆様、ごきげんよう〜!!

スポンサーリンク
レクタングル中