成城石井の自家製水餃子を食べてみた!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル中




成城石井の自家製水餃子とは・・・。

img_1025

皆様こんにちは〜!!

初のお惣菜レビューでございます。

最近かなり冷え込んできて、お鍋や温かいスープが恋しい季節となってまいりました。

そこで!!

今回は成城石井自家製のお惣菜の中でも大人気な水餃子についてご紹介していきます!!

水餃子はお手軽で美味しいお惣菜なのでリピート率もかなり高いですよ。

昨年はTVで紹介された影響で、ネットでもかなり話題になりましたよね!

そんな成城石井自家製の水餃子ですが、一体どのような商品なのでしょうか??

召し上がるバリエーションも数々ありますので、それについてもご紹介していきますよ〜!

成城石井の自家製水餃子を食べた感想

img_1035

まず、率直に食べた感想でございますが・・・。

つるんっ、もちもち・・・皮がもちもちすぎる・・・!!!

水餃子特有のつるんっとした皮の感触がした後、噛むと皮が本当にもっちもちなのです!!

ここまで皮に食べ応えがある水餃子は類を見ないのではないでしょうか?

皮の食感、たまらないです!!

何と言っても、皮の開発に6年もの歳月を重ねた集大成ですからね。

中の餡も豚肉がジューシーで、玉ねぎの甘味も感じられます。

本当に美味しいです。kerochanの大好物でございます!

ちなみに増量規格で(12個入)期間限定セール品を購入しました。

2個増量+セール価格でかなりお買い得なので、こういう時にまとめ買いするのがおすすめです!

冷凍はおすすめできないですが、私はいつも冷凍庫にストックしていますよ〜。

お夕飯にパクチースープを作ったので、食べる直前に投入し水餃子が浮かぶまで温めてから頂きました。

スープとの相性も抜群です!!

鶏ガラスープに入れるだけでも充分だと思いますが、お鍋に入れたらもっと美味しいですよね〜。

暑い季節や、サラッと食べたいなんて時はさっと茹でてから冷水で〆て、たれで頂くのもおすすめですよ!!

成城石井の自家製水餃子の食品表示

成城石井の自家製水餃子の食品表示は以下の通りとなっております。

名称:そうざい

原材料名:白菜、ミックス粉、玉葱、豚肉、人参、醤油、胡麻油、清酒、食塩、砂糖、大豆油、酵母エキス、胡椒、生姜、加工澱粉、乳化剤(原材料の一部に小麦を含む)

水餃子の餡に人参が入っているのって珍しいですよね。

生姜が加わることによって味に深みも出ています。

kerochanも自分で餃子を作るときには生姜を入れています!

成城石井の自家製水餃子のこだわり

何と言ってもこだわり抜いた皮です!!

試行錯誤を繰り返し、6年もの歳月を経て現在の皮になったそうです。

粉の配合はもちろん、よりもちもちとした食感が楽しめるように、皮の厚さにまでこだわっているのですよ!凄いですよね!

こだわりは皮だけではありません。

餡には国産の新鮮な豚肉のみを使用しています。

お肉は2度挽きしています。2度挽きは赤身肉と脂肪を粗挽きにしてからもう一度挽く方法です。

やわらかく、水餃子や焼売など練る料理に向いています。

肉々しさが良い意味で抑えられますが、脂肪が全体に行き渡りますので豚肉だと特にジューシーさが増します。

玉葱は甘みがとても強いと言われている淡路島産のものを使用しています。

淡路島産玉葱は瀬戸内海特有の温暖な気候と風土で育ち、甘い・やわらかい・みずみずしいという特徴があります。

美味しい玉葱と言ったら淡路島産玉葱を思い浮かべる方が多いですよね。

それくらい、有名な玉葱です。

本当に、どこまでこだわるのだ・・・成城石井・・・!と思いました。笑

おわりに

いかがでしたか??

成城石井の自家製水餃子について少しでもお伝えできたでしょうか?

水餃子の記事を書いていたら、kerochanはお鍋が恋しくなってしまいましたよ〜。笑

甘いもの大好きでついついスイーツやお菓子についてのレビューばかりになってしまうので、今後はお惣菜についてもどんどん書いていきますよ〜!!

それでは皆様、ごきげんよう〜!!

スポンサーリンク
レクタングル中