成城石井のリッチショコラポルボローネを食べてみた!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル中




ご挨拶

初めまして!!成城石井大好きな管理人のkerochanです!

成城石井には美味しい商品がたくさんあります。その商品の良さやまだまだ知られていないこだわりを皆様にもっと知っていただければと思い、このブログを立ち上げました。

このブログでは、私kerochanが実際に食べた商品の感想や成城石井の商品の秘密に迫っていきます!

リッチショコラポルボローネとは・・・。

では早速記念すべき第一回目の商品レビューをします!

見出しにもありますリッチショコラポルボローネとはいったいどのような商品なのでしょうか??

それは11月12日に発売されたばかりの成城石井desicaシリーズ期待の新作焼き菓子です!!

今回はこの新作のリッチショコラポルボローネを私kerochanが食べた感想を元に徹底的に分析しますのでよろしくお願いします!!

リッチショコラポルボローネを食べた感想

img_0994

まず、

率直に食べた感想ですが・・・・。

口に入れた瞬間のほろほろ感に驚きました!!!

バターをたくさん使っているので、食感がとてもほろほろしています。お口の中ですぐにほろっと溶けました!コクもしっかりあります。

思っていたよりも甘さがかなり抑えられていて、ビターなカカオの強さが際立った大人な味わいになっています。チョコレートチップ入りなので食感のアクセントもいい感じでした。

私は普段お紅茶を飲むのですが、今回はお友達がコーヒーを淹れてくれたので一緒に食べたところ・・・。

なにこれ!?コーヒーとの相性ぴったりじゃない!!

ほろ苦いリッチショコラポルボローネと香ばしいコーヒーの香りが最高でした!

やっぱりショコラとコーヒーのマリアージュは凄いです!!

皆様、是非コーヒーと一緒に頂いてみて下さいね。

アメリカンもいいですが、

リッチショコラポルボローネに負けないような濃いめに淹れたコーヒーでも美味しく頂けると思いました。

リッチショコラポルボローネの食品表示

リッチショコラポルボローネの食品表示は以下の通りとなっております。

名称:焼き菓子

原材料名:バター、小麦粉、アーモンドパウダー、チョコレート、ココアパウダー、粉糖、ココナッツシュガー、食塩、膨張剤、乳化剤、香料、(原材料の一部に大豆を含む)

所容量:100g

栄養成分(100g)当たり

エネルギー:585Kcal

たんぱく質:8.8g

脂質:39.7g

炭水化物:48g

ナトリウム:81mg

やはりバターが一番多く使用されているだけあって、カロリーは高めですね。。

美味しいからといって夢中になると非常に危険です!!笑

リッチショコラポルボローネのこだわり

まず、特筆すべきはほろほろ過ぎる食感です!

バターの構成比は30%となっておりますが、これは成形できるぎりぎりの量だそうです。だからこそ、ほろほろで軽く、贅沢なコクが味わえるのですね!

マーガリンやショートニングなどは一切使わずバターのみをふんだんに使用しているのは本当に凄いです。市販されているお菓子って結構使われていることが多いですからね。

また、低GIで高ミネラルな食品として注目を浴びているココナッツシュガーも使われています。

ココナッツシュガーは煮詰めて製造されるので黒糖やカラメルの様に香ばしさがありますが、決してきつくなくクセも弱いのでとてもまろやかな風味なのです。

カカオの風味を邪魔しないほんのりとした甘さはココナッツシュガーを使用しているからなのではないでしょうか。

小麦粉はフランス産小麦粉の中で最高品質といわれているエクリチュールが使用されています。

バターの香りに負けないくらい小麦の存在感があり、たんぱく質量が高いので、さくさくでほろほろな食感を生み出します。

そして濃厚なカカオ。こちらはカカオ70%のクーベルチュールチョコレートを使用しています!

最近ではクーベルチュールチョコレートを高級チョコレートと思われる方も多いですが、特殊用途用のチョコレートです。

クーベルというのがフランス語で”覆い”という意味なので、その名の通りボンボンショコラの上掛けやコーティングに使用します。しかし、日本では製菓原料用のチョコレートと言う意味で使われることもあるそうです。

成分におきましては、ココアバター31%以上含有、ココアバター以外の代用油脂は使用してはいけない等の厳格な規定があります。

簡単に言いますと、高脂肪なチョコレートということですね。笑

おわりに

いかがでしたか?

リッチショコラポルボローネについて少しでもお分かり頂けたでしょうか?

私自身も実際に食べ、色々見聞きし、改めて感心しました!!

まさに、成城石井でしか(desica)作れない商品です。

desicaについてはまた記事を書きますね。

それでは皆様、ごきげんよう〜!

スポンサーリンク
レクタングル中